荒木歯科医院

第20回 審美修復ハンズオンセミナー 福岡

朝晩の冷え込みが冬の訪れを感じさせる今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

代診の岡本です。
先日10月27・28日に行われました第20回『実践!審美修復 〜Hands on ベーシックセミナー』 の様子を報告させていただきます。

毎年2回の恒例となりました当セミナーも今回で節目の20回目を数えます。このセミナーが開始され早くも10年になります。

今までに受講された先生は約280名にもなります。今回も定員満員の10名の先生方にご参加いただきました。

 

 

今回も当医院院長と泥谷先生、井上先生の3名の講師の先生方によって、MIを基本としたラミネートベニア、コンポジットレジン充填の審美を追求した修復法の講義あり、実習ありの内容の濃いセミナーとなりました。

1日目は井上先生による、MI(Minimal Intervention)とは…から始まり、MIを実践していく医院での取り組み方やそれをふまえた素晴らしい症例を

拝見させていただきました。やはり自分が患者さんの立場で考えたときに、自分もそのようにしてもらいたいと強く思い、

これからもMI治療は自信をもって患者さんに提案すべきであると感じました。

泥谷先生の実習ではどの先生も講師の手元に集中し、真剣に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぱい学んだあとは懇親会で盛り上がりました。おいしい焼肉食べ放題とあり、ついお腹いっぱいまで食べて飲みました。

また、先輩の先生方には貴重な臨床でのアドバイスをしていただき大変有意義な時間でした。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は荒木院長のラミネートべニアの講義、実習がありました。

べニアは日々の臨床で症例としては多くはありませんが、やはりMI治療の選択肢として身に着けておきたい治療法だと

考えます。少ない治療回数で劇的な変化があり、患者さんも本当に喜ばれる姿を僕が荒木歯科に勤めてきた中で多く見てきました。

これも自分だったらこうして欲しいと思える治療法だと思います。

 

1.5日と短い時間ではありますが、このセミナーもおかげさまで20回を迎え、ますます内容もパワーアップしています。

来年度も4月と10月に開催予定ですので、もしご興味のある先生がいらっしゃいましたら当院までお問い合わせください。

お待ちしております。

 

 

| 審美修復セミナー | 23:04 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
<< ハッピーキュレット 2018   上海マイクロセミナー 2018 >>

スタッフブログ

休診日カレンダー

優・井上歯科

IMPLANT WALKER