荒木歯科医院

第18回 審美修復セミナー 福岡

こんにちは。朝晩の冷え込みが増してきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先日10月28.29日の2日間で3Mさん協賛で、『実践!審美修復 〜Hands on ベーシックセミナー』
が行われました。あいにくの雨模様でしたが今回もおかげさまで満員御礼で多くの先生方が参加されました。

ありがとうございました。

徳島や広島など遠方からも参加していただきました。

今回も泥谷先生、井上先生そして院長の3名の講師によって、当医院のHPでも掲げておりますMI(最少限の侵襲で、なるべく歯を削らない保存する)を基にした審美治療においてラミネートベニア、コンポジットレジン、そして接着、自費治療の導入について幅広く講義、実習がありました。いくら材料が進歩しても天然の歯にかなうものはありません。ただ削ってかぶせるのではなく、いかに自分の歯を残して、見た目もきれいにするかといったことがこれからの審美治療には求めらるかといったことがこのセミナーの根本にあるように思います。

 

 

1日目は井上先生のMI、接着、カウンセリングについての講義と泥谷先生のコンポジットレジンの講義・実習が行われました。

特に井上先生の歯科医院ではMIを実行する上での院内のシステムが確立されており、それには毎回ですが感心させられました。

スタッフの連携も素晴らしく、見習うべき点が多くありました。

実習では充填のデモを行う泥谷先生の一挙手一投足に参加の先生は真剣に見入っておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目の夜は恒例の懇親会で盛り上がりました。お酒も入り、普段気になる臨床での疑問などを講師の先生に気軽に質問できるいい機会で、皆さん大いに質問されていました。今回は食べ放題の焼肉で思う存分頂きました。院長ごちそうさまでした。

懇親会には集合写真をパシャリ。皆さんいい表情をされています。意気投合したのか、講師の泥谷先生と肩を組んでいるつわものの先生が…と思いきやいつも準備等協力してくださっている3Mの鞍崎さんでしたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は荒木院長のラミネートベニアの講義、実習を中心に行われました。
ユーモアを交えたわかりやすいスライドや動画さすがだなと思いました。参加された先生方のアンケートからもわかりやすかったとの声を多く頂きました。また写真にもありますが今回もリンカイの上島さんにマイクロスコープを提供していただき、ラミネートべニアの形成など細かい部位まで確認していただき、受講された先生方もわかりやすかったのではないでしょうか。

 

当セミナーも18回を数えます。ますます内容もパワーアップして2018年も4月と10月の2回開催の予定です。

4月の開催は早くも残り1、2席の空きですのでご興味をお持ちの先生がいらっしゃいましたらお早めにお問い合わせくださいませ。

 

代診 岡本

| セミナー・勉強会 | 22:34 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
<< 行橋にて福岡県東地区連合歯科医師会主催の講演をしました   マイクロハンズオンセミナー in 上海 part 1 >>

スタッフブログ

休診日カレンダー

優・井上歯科

IMPLANT WALKER