荒木歯科医院

第17回審美修復セミナー

こんにちは。

代診の城戸です。

 

4月1、2日に荒木先生、泥谷先生、井上先生による3Mさん協賛の審美修復セミナーが行われました。

年2回の開催となっており、今回で17回目になります。

今回は少な目で6名の先生方が参加されました。

1日目は泥谷先生の講義から始まりました。

症例写真のみならず、審美的なCR充填を行うために重要な、色合わせについても詳しく話されました。

泥谷先生の充填のポイントが実演されるのを間近で見ることができるのはとても貴重だと思います。

先生方には実習もしていただきました。

1日目の最後は井上先生のMIとそれを実行するための院内システムについて講義していただきました。

院内ミーティングの様子など、具体的にどのように行うべきかという内容が含まれていて、今後の当院でもどのようにしていくべきか考えるべき点があると思いました。

 

懇親会では、豪華なフレンチをいただくことになりました。

お店だけでなくおしゃれな料理をとても美味しくいただきました。

田添先生と写真を撮りまくっていました(笑)

 

院長、ごちそうさまでした。

 

2日目は泥谷先生のCR充填の続きの講義・実習と、荒木先生のラミネートベニアの講義・実習が行われました。

総論のあと、実際にシリコンインデックスで形成前の準備を行っていきます。

形成方法も事細かに説明があり、実習をしていただきました。

 

実習では、先生方が真剣に模型の歯を形成されていて、あっというまに時間が過ぎていきました。

井上先生にも模型の歯を削るデモをしていただきました。

 

2日間のセミナーでしたが、質問も多く、先生方がこれからに臨床に取り入れたい、というお気持ちが伝わってきました。

患者さんの審美の要望に応えられるように、今後患者さんを診させていただく中で、どういうケースがCRの適応か、というようなところをこれからよく考えていきたいと思いました。

 

10月28・29日にも同セミナーが予定されておりますので、ご希望の先生がいらっしゃいましたら、お早めにお申し込みください。

お待ちしております。

 

荒木歯科医院 代診 城戸

| 審美修復セミナー | 20:21 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   
>>

マイクロセミナー 2017 03.25〜26 その2

代診の城戸です。

先に貞富が報告しましたが、荒木先生のマイクロセミナーの様子を伝えさせていただきます。

福岡で行われる半年ぶりのセミナーとなった今回でした。

 

 

マイクロスコープや道具の貸し出しなどを手配いただいた福岡デンタルさんや、会場のスタンバイなど福岡歯科大の先生方のたいへんなご協力を得まして、実現することができました。
ありがとうございました。

 

1.5日という日程的には詰め込まれたタイムスケジュールでしたが、内容が濃かったです。
アシスタントワークを含めた実習つきコースですので、ドクターとスタッフさんの合計3人で参加いただくセミナーです。

 

今回も荒木先生の講義の前に、アシスタントワークについて、当院での取り組みを話す機会をいただきました。
マイクロを使って荒木先生のような長期的に良好な結果を生み出すには、ドクターの努力だけでなく、アシスタントがいかに効率よく治療を支えられるかにかかっています。
その実践内容を発表しました。
緊張していましたので聞き取りづらいところもあったかと思いますが、そのあとの実技でスタッフさんたちが上手にアシスタントされていたので、安心しました。


優井上歯科クリニックでマイクロの治療をされている井上先生にもデモをしていただいて、より分かりやすく伝えられたかと思います。

 

荒木先生の講義のあと、実習という流れで部位や異なる治療をマイクロを使って行っていきました。

各ユニットで、荒木先生が形成のチェックやアドバイスをして回られました。

 

今回ご参加の4医院さんは、ドクターとスタッフさんたちの距離感が近くて、皆の仲が良いなぁという印象を受けました。
質問も多く、少人数のセミナーだからこその充実した内容だったように思います。

個人的には忘れ物やミスが目立ちましたので、改善していきます。
参加された医院の先生方、スタッフさんは本当にお疲れ様でした!

 

また、このブログを見て興味を持たれた先生がいらっしゃいましたら、今後も開催の予定がございますので当院へ是非お問い合わせくださいね。
 

   代診  城戸

| マイクロセミナー | 08:47 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

マイクロセミナー 2017 03.25〜26

 

こんにちは、衛生士の貞富です。

3月25日、26日にマイクロセミナーが行われました。

 

今回も院長と一緒に同行させていただきました。

 

まず城戸先生のマイクロアシスタントワークの発表がありました。

スライドも見やすく分かりやすく説明してあったので、とても聞きやすかったです。

次に院長のセミナーがありました。

 

 

井上先生にもいろんな部位のアシスタントの仕方を分かりやすく

デモしていただきました。

 

 

人工歯にカリエスを作ってそのカリエスを削って充填しました。

私はマイクロを使っているときのアシスタントの仕方をアドバイスして回りました。

 

 

 

夜は懇親会が天神のワンカルビでありました。

最初から最後までノンストップで他の医院のスタッフさんと食べてました。

とてもおいしく頂きました。院長ごちそうさまでした。

 

 


 

 

二日目はCR充填、ベニアの形成、インレーとアンレーの形成を行いました。

スタッフのかたもアシスタントが1日目より上手くできて驚きました。

 

 

 

 

この2日間でまだ自分に足りないもの改善すべき点が見つかったので、

そのままにせず、日々の診療で改善し、活かしていけるように頑張ります。

 

 

 

| マイクロセミナー | 16:05 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

審美修復フォローアップセミナー 

こんにちは。代診の岡本です。

2月25日に福岡県歯科医師会館において審美修復フォローアップセミナーが行われました。

 

このセミナーは当院院長と泥谷高博先生、井上優先生で年2回行われております実践!審美修復ハンズオンベーシックコースを受講された先生方を対象とたセミナーで、不定期で開催されています。実際にハンズオンコースで学んだ知識や技術を実際の臨床で行ってみて出てきた疑問等を実際に症例を提示しながら、講師の先生とディスカッションしていくというのが主旨のセミナーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僭越ながら司会をさせていただきました。どの先生方もハンズオンセミナーで得られた内容を十分に生かして、審美が要求される

難症例にも積極的にチャレンジされており、多くの素晴らしいケースを拝見できました。今回はCR充填の症例がほとんどでしたが、

MIを意識しながら、審美を追求する姿勢は見習うべき点が多く、たいへん参考になりました。

セミナーの最後には井上優先生が特別講演をされ、審美修復のエッセンスを学ばせていただきました。症例においても特にMIで美しくを実践されており、患者さんの治療後の笑顔が目に浮かぶようでした。

セミナーのあとは懇親会がありました。たいへん美味しい中華料理をいただきました。

お酒を酌み交わしながら、普段の臨床でなかなか聞けない疑問点を講師の先生方に気軽に質問しながら、楽しい時間を過ごしました。たいへん有意義な1日でした。

今年も実践!審美修復ハンズオンベーシックコースが4月1日・2日、10月28日・29日の2度開催予定となっております。興味を持たれた先生方!ぜひご参加をお待ちしております。

 

| セミナー・勉強会 | 22:32 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

簡易的むし歯リスク細菌検査(CRT検査)とは?

※無断転載禁止。

むし歯のなりやすさとは?


自分やご家族が、「むし歯になりやすい」と感じたことはありませんか?

 むし歯になりやすい=カリエス(むし歯)リスクが高いのかもしれません。 

 

 

むし歯のリスクが高いと考えられる方

 家族でむし歯が多い

歯磨きをがんばっているのに、健診のたびにむし歯が見つかる

今まで多数のむし歯治療をしてきた (2次的なむし歯になりやすい)

歯周病で歯ぐきが下がっている歯が多い (根っこの近くはむし歯になりやすい)

お薬を多数服用中の方 (副作用で唾液が少なくなることも)

矯正治療中 (ブラッシングが難しい)

黒酢や炭酸飲料、スポーツ飲料などを頻繁に摂取する方

妊娠中の方 (つわりなどでお口の中が酸性になりやすい)

・・・etc

 

 

原因は一つではありません

 

 

 

むし歯のでき方

むし歯菌が歯に定着してしまうと、それらの菌が「酸」を出して、歯の表層のエナメル質を溶かしていきます。

 

エナメル質が溶けると、歯に穴があき、むし歯になっていきます。

 


 

唾液の様々なはたらき

 

消化作用  唾液に含まれるアミラーゼという酵素がデンプンを消化する作用

潤滑作用  口の中の食べ物を唾液で濡らすことで、喉を通りやすくする作用             口の中を潤し、発声を滑らかにする作用

再石灰化  脱灰により溶け出した歯を修復する作用

緩衝作用  酸性になった口の中のPHを中性に戻し、歯が溶けるのを食い止める作用

抗菌作用  唾液に含まれる抗菌物質が細菌の繁殖を抑える作用

自浄作用  口の中の汚れを唾液によって洗い流す作用

保護作用  舌や口の中の粘膜を潤し、乾燥から保護する作用

 

 

 

 

ダラダラ食べはむし歯をつくります!
酸性(H7未満)の状態が長いと、歯が溶ける状態が続いていることになります 
脱灰が始まる臨界点:H5.5以下

 

当院で行う簡易的むし歯リスク検査

 

 

5分間ガムを噛んでいただく
簡単な検査です!

 

 

緩衝能(酸を中和する力)の検査

 

 

むし歯菌を2種類培養します(48時間)


 

CRT検査で調べられる細菌は2種類

 .潺紂璽織鵐攻

むし歯の発症に大きく関わる菌です。
初期および進行したむし歯の病変に存在します。
糖質から強い酸を産生するとともに、酸性環境下で生存能力があります。
この酸が歯を溶かして、むし歯をつくります。
また、歯の表面(平滑面)に容易に付着できる性質をもちます。

 

◆.薀トバシラス菌

むし歯の進行に関係する菌です。
酸を産生し、酸性環境下で生存能力があります。
ミュータンス菌が定着すると、むし歯の形成過程でラクトバシラス菌の増殖が開始します。しかし、ミュータンス菌と比べて、平滑面への付着能力はありません。
唾液、舌、歯の溝、矯正のブラケット周囲、詰め物やかぶせ物との境目、むし歯の穴に存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームケア商品のご紹介

 

 

 

 

 

| 細菌検査 | 15:12 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

今年もよろしくお願いします!

2017年スタートして寒い日が続きますが、

皆様、体調はいかがでしょうか?

 

インフルエンザも流行ってきていますので

手洗い・うがいなどは必ず実行してくださいね。

 

今週金、日は春のような陽気になるらしいですが

あっという間に1月も終わりますね。

 

今年も1年、荒木歯科医院をご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

荒木歯科医院スタッフ一同

 

 

荒木歯科医院

| お知らせ | 12:23 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

「本気で探す 頼りになるいい歯医者さん2017」に掲載されました。

荒木歯科医院が本気で探す 頼りになるいい歯医者さん2017

全国の優良歯科医院1039に掲載されました。

当院の待合室にも置いておりますので、お時間あるときにご覧ください。

 

 

本気で探す 頼りになるいい歯医者さん2017

 

本気で探す 頼りになるいい歯医者さん2017

| お知らせ | 21:41 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

年末年始の休診のお知らせ

今年も残りわずかになりましたね。

 

当院の年末年始の休診のお知らせです。

12月29日(木)〜1月4日(水)まで休診とさせていただきます。

 

1月5日(木)より通常診療になりますのでよろしくお願いいたします。

 

荒木歯科医院スタッフ一同

 

| お知らせ | 11:48 | - | - | - |
他の関連記事を見てみる(※個別記事からしか表示されません)≫
   

スタッフブログ

休診日カレンダー

優・井上歯科

IMPLANT WALKER